おすすめの本

【書評】「エッセンシャル思考」成果を出すためには「やらないこと」を決めることが重要

こんにちは、さつきです。

 

「エッセンシャル思考」という本を読んだのですが、

かなりいい本だったので感想を書いていきます。

エッセンシャル思考とは

エッセンシャル思考とは

「より少なく、より良く」を追求する考え方です。

 

わかりやすく言うと、

自分にとって本当に重要なことを見極めて、

優先して行動しようということ。

 

つまりは優先順位をつけて行動しようということです。

 

人間には限界があるので、

あれもやろうこれもやろうといろんなことをやろうとすると

全部中途半端のまま終わってしまいます。

 

確かに休日はいろんな事するぞー!と意気込んていても

何もできずに夜になって自己嫌悪に陥ることもありました。

 

あれもこれもやろうとするのではなく、

本当にやるべきことを明確にして、

それに時間を使うことが大切です。

見極める

自分にとって重要なことはなにか見極めることが大事です。

 

見極める際のポイントは以下の2つです。

・一人で考える時間を作る

・「何が一番重要なのか」を自分に問いかける

 

重要なことを見極める際には、

1人で集中できる環境で考える時間をとること。

 

誰かと一緒にいると寂しさは紛れますが、

気が散ってしまって集中しづらくなります。

 

1人で考えることで思考が深くなり、

ぶれない選択をすることができます。

捨てる

多くの人はやるべきことを決めるのを大事にしますが、

この本では同じくらいやらないことを決めるのも大事だと主張しています。

 

最近断捨離をしていらないものを捨てたのですが、

部屋の中がスッキリとしてだらけることもなく、

まっすぐと作業に向かえるようになりました。

 

何かを捨てることは意外と勇気がいることです。

そこは思い切って捨ててみることで

エッセンシャル思考への大きな一歩を踏み出すことができると思います。

仕組み化する

重要なことを見極め、

そうでないものを捨てられるようになって

終わりではありません。

 

エッセンシャル思考を常に実行できるようにならなくてはいけません。

 

何かを継続するためには2種類の方法があります。

・努力と根性で頑張る方法

・継続する仕組みを作る方法

 

非エッセンシャル思考の人は努力と根性でやり遂げようとしますが、

エッセンシャル思考の人はなるべく努力や根性がいらないように、

自動的にうまくいく仕組みを作ります。

 

そのために必要になるのが「習慣化すること」です。

 

多くの人が何かを継続するためには

やる気が重要だと思っていますが、

習慣化するのにやる気は必要ありません。

ABOUT ME
さつき
幼少期から読書に対する苦手意識があって、あまり本を読まずに育つ。 要領が悪くコミュ障で、 「ポンコツ」「バカ」など言われることもあった。 そんな劣等感まみれの自分を変えたい 頭がよく魅力的な人間になりたいと思い、読書法を学ぶ。 紆余曲折はしたが、正しい速読法を学んで1日5冊読むことも当たり前になる。 現在は1人でも多く読書家が増えてほしいと思い、読書に関する情報発信をしている。