おすすめの本

【書評】「レバレッジ・リーディング」読書ほどコスパの良い投資はない

こんにちは、さつきです。

 

読書量を増やしたいと思ったら、

まずは「読書に対するモチベーション」が大事です。

 

そのためには読書に対する考え方を変えることが必要です。

 

しかし読書をしない人の読書に対するイメージは

・大変そう

・時間がかかる

・必要ない

 

など負のイメージがあって、

そのイメージのせいで読書をしない言い訳が成立してしまいます。

 

でもそのイメージを変えることができれば

一気に読書家に変わることができます。

 

読書に対するイメージを変えるためにおすすめしたい本が

「レバレッジ・リーディング」です。

読書は最強の投資活動

この本の主張として

「読書は100倍のリターンがある」

というものがあります。

 

本を一冊読むことでその本がもたらしてくれる知識が

本の値段の100倍の利益をもたらすということです。

 

ビジネス書の場合1冊1500円から2000円くらいなので、

1500×100=150000円程儲けられるという話です。

 

私はこの考えに賛成です。

本を読むということは知識を蓄えるということです。

 

身につけた知識は一生消えることはありませんし、

知識がないと新しいアイデアは生まれません。

 

知識を蓄えるのに「読書」は最高の手段だと思います。

 

・料理

・掃除

・スポーツ

・ビジネス

全てにおいて知識を蓄えていくことは重要であり、

前もって知識を蓄えておくと成果が大きく違ってくるのは

わかると思います。

 

だから得た知識が100倍のリターンになって

返ってくるのも納得できます。

 

100倍になって返ってくるのなら喜んでお金を払うし、

身を切ることで「よし、元を取るぞ!」とモチベーションUPにも繋がります。

 

1500円を払うことで他の人の成功例や失敗例を効率良く学べるので、

読書ほどコスパの良い投資はないと思います。

本を全部読む必要がない

本を読む時に「ちゃんと全部読まなきゃ・・・」

と思っている人は多いと思います。

 

本は全部読む必要はありません。

 

本には読まなくても良い箇所があり、

「読書が苦手」「本を読むのがしんどい」という人は

本の内容を全部読まなければならないと考えている人が多いです。

 

本は全部読まなければならないと思って

一言一句読み飛ばさずに読んでしまうパターンです。

 

これはかなり時間のロスに繋がるので、

もったいないと思います。

 

私達が本を読む目的は

本を読んで知識と教養を身につけることです。

 

だから大切な部分だけを選んで読めばいいし、

あとは読まなくても構わないんです。

 

「本は全部読まなくていい」という考え方は

とても納得しました。

まとめ

知識は誰にも奪われることのない財産です。

一度身につければ一生に渡って役に立ちます。

 

知識を得る上で読書ほどコスパのいい方法はありません。

 

レバレッジ・リーディングは

速読・多読の実用書としておすすめの本です。

 

書店で見かけたらぜひ買ってみてください。

ABOUT ME
さつき
幼少期から読書に対する苦手意識があって、あまり本を読まずに育つ。 要領が悪くコミュ障で、 「ポンコツ」「バカ」など言われることもあった。 そんな劣等感まみれの自分を変えたい 頭がよく魅力的な人間になりたいと思い、読書法を学ぶ。 紆余曲折はしたが、正しい速読法を学んで1日5冊読むことも当たり前になる。 現在は1人でも多く読書家が増えてほしいと思い、読書に関する情報発信をしている。